11(いい)ギフトネット

ギフトに関する本のご紹介

ラクして喜ばれる贈り物って何? 目的、シチュエーション別に、いろいろなタイプのギフトの販売、提案をしています。

◆ギフトに関する本のご紹介
TOPへ戻る


ギフトを贈る際、参考になるような本を集めてみました。ここに挙げる本は、ほとんど隊長が読んで、このサイトを作るとき参考にしました。(すみません。全部ではありません(^^;)

気軽に読める本から、論文調のお堅い本まで、いろいろです。興味のある方、ぜひどうぞ!

 

あげる常識 もらう常識―この常識を知らないと、人間関係が壊れ始める。
今井登茂子著 河出書房新社

なかなか参考になる本です。特に、お礼やお断りの際の、言い方、角が立たない断り方、など、参考になります。
同じギフトの渡し方でも、なるほど、これじゃあ、気持ちが伝わらないけど、こんなやり方なら伝わるのね、と納得できると思います。

内容(「MARC」データベースより)

あげるのは、むずかしい。もらうのは、もっとむずかしい。一般のマナー本には出てこない「あげる」と「もらう」の微妙な問題を、人間関係の視点から解く解説書。家庭や職場で出くわす「こんなとき、どうする?」にズバリ回答!

生きるお中元お歳暮
山田節子著 淡交社

お中元やお歳暮のそもそもの由来や、気持ちを大切に、という考え方は参考になりました。ただ、19xx年のお歳暮は、などという部分は、正直あまり関心が湧きませんでしたね。

内容(「MARC」データベースより)
贈り物はドラマであり、贈る人は演出家。日本特有のギフトチャンスである中元と歳暮。お世話になった方や日頃ご無沙汰続きの方へ、自分の気持ちを上手に届けるルールや、アイデアを商品とともに紹介。
. うれしい日には、プレゼント―贈りもの37のアイデア
本田葉子著 大和出版

ちょっとしたプレゼントが、毎日の暮らしを豊かにすることが良く分かります。男性の友人に送る、快気祝いのヒントなど、「納得」のアイデアです。

内容(「MARC」データベースより)
選ぶのも、あげるのも、もらうのも楽しい。大事な人に心が伝えられ、幸せ気分になれる贈りもののアイデアを紹介。ふだんの生活の中で、さりげなく、おしゃれにできるプレゼントのヒント。
cover すぐ役立つ 贈答のルールとお金の事典
21世紀マナー研究会著 法研

「事典」の名のとおり、いろいろなケースでの贈りもののルールが満載です。ギフトだけでなく、冠婚葬祭のマナーや気になる「相場」などもあり、大変参考になる本です。多少断定的な勧め方が疑問に思うこともありましたが。

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、ただ形式だけのしきたりではなく、「相手に配慮した」つまり「礼にかなった」贈答のルールを掲載しています。あわせて、"贈答品に添える手紙"、"金包み・かけ紙の表書き"、"お金の相場"と贈りものに関するあらゆる情報をコンパクトにまとめて紹介しています。

内容(「MARC」データベースより)
冠婚葬祭のあらゆる場面で慣例となっている「贈る」「返す」しきたりを紹介。添状・礼状から品物選び、世間相場、表書きまで気になる贈答のマナーと金額のすべてがわかる。
cover 贈りもの上手の100のアイデア
フェリシモ贈りもの文化研究所著 フェリシモ出版

手作りの本かと思ったら、このサイトにもあるようなギフトに関する体験談やエッセイなどがたくさん。手元にあるといざというとき参考になりそうです。

内容(「BOOK」データベースより)
いつでもどこでも思い立った日が贈り時。今すぐ使えるユニークなアイデアを満載した贈りものハウツー&ガイドの決定版。

内容(「MARC」データベースより)
いつでもどこでも、思い立った日が贈り時。海外のギフト習慣をヒントにした上級の贈りものを紹介。今すぐ使えるユニークなアイデアを満載した、贈りものハウツー&ガイド。
cover お金のかからない222の大人のプレゼント
中谷 彰宏 著 PHP研究所

あの中谷彰宏さんの著書。読んでるだけで幸せな気分になれそうな本です。結構お金のかかるプレゼントも載ってるけど(^^)。

内容(「BOOK」データベースより)
幸せになるには、二つの方法があります。一つはプレゼントをもらうこと。もう一つは、プレゼントを贈ること。プレゼントには、奇跡を起こす力がある。大切な人を喜ばせる贈り物の具体例。

内容(「MARC」データベースより)
たった一つのプレゼントが、二人の人生を変えてしまうことがある。本の中の気に入った言葉や、風邪の日のアイスクリームなど、お金はかからなくても奇跡を起こす、心のこもった贈り物の具体例を満載。
cover 心に届いた贈り物
BIG PEN著 DHC出版

なるほど、この人にこういうものを贈ると、こういう風に喜んでもらえるんだ、と納得できます。なかには、う〜ん、と唸らせるようなすばらしいギフトも。ぜひ参考にしたいです。

内容(「MARC」データベースより)
TBSアナウンサーの渡辺真理や精神分析医の香山リカなど15人が語る、心あたたまる贈り物の思い出。プレゼント選びにきっと役立つ。
cover 玲子さんの贈り物の本
西村 玲子著 三笠書房

さすが西村玲子さん、贈りものにもこだわりが見えます。手作りのカードや、詰め合わせのギフとボックスなど、もらうと嬉しいだろうなーーと納得。面白かったのは、「贈るときは100%嬉しい。でももらうときは時々困る」。なるほどね。

内容(「MARC」データベースより)
アイディア満載、贈り物365日。
cover 忘れられない君のプレゼント―大人の贈り物マナー
中谷 彰宏著 PHP文庫

またもや中谷彰宏さん。こちらもお勧めです。
中に載っている話は全部実話かしら?? 中谷さんってモテるのね。
参考になるプレゼントの贈り方がたくさん載っていて、暖かい気分になる本です。

内容(「BOOK」データベースより)
誰かを好きになると、人はプレゼントをしたくなる。贈り物をするのは、誕生日やクリスマス、バレンタインデーだけではありません。好きな人からもらったモノは、すべてが宝物なのです。―いつ渡すか。どんな渡し方が素敵か。どんな言葉をそえるか。さりげなくて心に残るプレゼントにするには、モノ以外のことが大事。うれしいのは、贈る気持ちなのです。さあ、心にリボンをかけて大切な人に届けよう。
cover コレあげよっと
高垣 千尋 著 新宿書房


内容(「MARC」データベースより)
目上の人から気のおけない友だち、大切な家族、そしてなにより自分自身へ、あげても、もらっても幸せになるギフト・セレクト・ブック。リビング、キッチン、コスメ、フードなどなど約200アイテムを紹介。
cover なぜか「お金がたまる人」の習慣
エレン ジェファーソン 著 ぶんか社

これはギフト関連の本というわけではありませんが、あえて紹介しました。息子夫婦に毎年贈る銀のスプーン、義母から毎年贈られる刺繍の額縁、使わなくなったものを人に譲るときのマナー、などギフトに通じる話も多く載っていて、著者の考え方には共感を覚えます。でも生活は真似できないかなぁ。
内容は、↓よりも、←リンクの日経BP企画のコメントの方が良く分かると思います。

内容(「BOOK」データベースより)
英国伝統の7つの習慣で資産がどんどん増えていく!これぞ英国流「金持ち母さん」「金持ち父さん」の暮らす技術。

内容(「MARC」データベースより)
どこの家でもあふれるほど物があり、高価なブランドものを身につけ、普段の日でも一流レストランでご馳走を食べている…。日本人とお金の「ちょっと変」な関係と、ムダをなくして「中金持ち」になる秘訣を紹介。

cover ギフト・マーケティング―儀礼的消費における象徴と互酬性
南 千恵子 著 千倉書房

大学教授が書いた、まじめでお堅い本。ギフト関係をまじめに勉強したい方はTry!

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、ミクロ的な消費者行動分析とマクロ的な消費者市場分析とのギャップを埋めるために、消費行動を文化的側面から分析することに主眼をおいている。しかしながら単なる文化論にとどまらず、消費行動を規定する文化それ自体を、マーケティングがいかに変容させていくかを知る糸口を見つけること、ひいては現代消費社会におけるマーケティングの持つ意味を探ることを意図している。

内容(「MARC」データベースより)
ミクロ的な消費者行動分析とマクロ的な消費者市場分析とのギャップを埋めるために、消費行動を文化的側面から分析する。また現代消費社会におけるマーケティングのもつ意味も併せて考察する。

投稿募集中!
ギフトに関する本 おすすめ投稿
こんな本、おもしろいよ!という本があったら教えて!ギフトに関係していればなんでもOK。
採用されるともれなくお得なクーポン券がもらえるよ。

ペンネーム: メールアドレス:
メールアドレスなしでも投稿できますがクーポン券がお渡しできませんのでご了承ください。

体験談・コメント:




投稿した後はブラウザの「戻る」ボタンで戻って来てね♪

姉妹サイト:おもちゃ屋ドットコムへ 姉妹サイト:おもちゃ屋ドットコムへ このページの上へ戻るTOPへ戻る
このページはリンクフリーです。リンクしていただけるときにはご一報いただけると嬉しいです。
このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像の無断転載使用を禁じます。

(C) 11ギフトネットの ハーティサービス