◆神様のおくりもの(大人用) God's Special Gifts to Me << 前のページへ戻る


神様のおくりもの(大人用) God's Special Gifts to Me サンプル1

大人の方向けのお祝いに最適です。誕生日だけでなく、大学など入学祝い、大学や資格試験の合格祝い、クリスマス、 記念日、御礼などいろいろなお祝いの機会にご利用いただける内容です。
中学生以上ならば、子供用ではなくこちらの大人用をおすすめします。
「びっくり誕生日(大人用)」は少しパロディがかった楽しい内容なので、贈る方の性格によってはこちらの絵本の方が いいかもしれませんね。

ご注文

表紙 裏表紙

下のサンプルの赤字が、変更できる個所です。それ以外の文章や絵は、変更できません。(ごめんなさい!)
その他ご不明点はお問い合わせください

>> こちらのサンプルの記入例 <<

 




優一

神さまの おくりもの



あなたにおくるおはなしのほん

ますやま あつし作
ベスティ・ウォカー画






発行所 11(いい)ギフトネットの ハーティサービス


URLhttp://www.11gift.net

西川 優一 さま



これは あなたのためにつくられたほんです。



お誕生日おめでとう!
これからもずーっと一緒にいようね




201821
しいちゃんより
ふしぎなこと。 
この世界に木々や草があって、
花が咲いていること。
虫や動物がいて、鳥が空を飛んでいること。
そしてこの地上に多くの人たちがいて、
西川優一という一人の性がいること。
優一のまわりは、
いつも楽しくて、おもしろいことがいっぱい。
もっともっと一緒にいたいね、
詩織や、健一や、宗太
気持ち。
太陽がこの世界を照らすように、
優一の心は、まわりの人たちの心を
明るく、あたたかくしてくれる。
だから夜になれば、
また明日あなたに会えることを感謝しつつ、
おやすみなさい。
そうだ、
遊びにいこうよ、優一の家に!!
優一の家を知ってる?
それは千葉にあって、
みんなのお気に入りの場所なんだ。
みんなといる時間はとても楽しい。
それはみんなが優一を好きだから。
そして 優一も、
詩織健一宗太のことが、
大好きだからなんだね。
ときには素直じゃなくなって、
ちょっぴりけんかをしてみても、
すぐに許しあえる。
優一はそんなひと。
優一は、
いろんなこと教えてくれる。
優しさと、愛することと、
ほんの少しの厳しさを。
それは25歳のこころの言葉。
人に好かれるにはどうしたらいい?
優一は、ちゃんと知ってる。
それは・・・
まっさきに相手を好きになること。
・・・なあんだ、かんたんだね!
優一にとって大切なもの、
それは家族。
優一は家族のみんなが好き。
家族は 優一にとって愛すべきわが家。

もちろん、優一にだって、
つらいとき、悲しいときだってきっとある。
だけどあきらめてしまう前に、
「これは神さまがくれたプレゼント。ありがとう !!」
そう思うと、ほら大丈夫。
冬がなければ、
春だってやって来ないんだから、ね。

ところが、
この世の中には、悪い誘惑がいっぱい。
もしその誘惑に負けそうになったら、どうしよう?
そんなとき、優一は心の中の神さまに、
そっとたずねてみる。
神さまはいつだって 優一の味方。
優一て神さまとお友達だったんだ!
優一、神さまと友達になりたいんだけど。
そういったら教えてくれた。
お祈りは神さまとのテレパシー。
どんなに短いお祈りだって、
ちゃんと神さまに通じている。
お祈りなんて、むずかしそう。
そんなことない。
いつでもどこでもできるもの。
たとえば、今日ベッドにはいったら、
神さまにちょっとだけ感謝してみようよ。
・・・! そうか、
優一の元気のもとがわかった!
そうして優一は眠りにつくんだね。
神さまは一晩中、優一を見守ってくれる。
どんな夢をみるんだろう?
夢の中に
詩織や、健一や、宗太
でてくるのかな?
朝! さあ、今日も一日がんばろうっと!
優一は思いっきりのびをする。
この朝日に照らされた世界は、
神さまからの素敵なプレゼント。
そして、優一
あなたも、神さまが贈ってくれた
かけがえのないプレゼントなんだね。
ありがとう。







この本は神さまからのプレゼント。
今日という一日が、優一にとって、
ステキな日になりますように・・・



しいちゃんより







ご注文



本当にありがとうございました。感動と驚きのお礼の連絡がはいりました。
私も嬉しいです。素敵なプレゼントになりました。また機会があればお願いしたいです。

 お客様の声

<< 前のページへ戻る
<< クリエイト・ア・ブック 全絵本目次へ戻る
<< 11ギフトネットTOPへ戻る


このページの上へ戻る<< 前のページへ戻る